ICMIF隔年大会 2024

2024年11月12日~15日:ブエノスアイレス(アルゼンチン)

ホスト団体:AACMSおよびADIRA

リーダーにとってのICMIF大会の参加意義

ICMIF隔年大会は、世界中の協同組合/相互扶助の保険組織のリーダーが集う最高のグローバルな会議です。当イベントは他とは異なり、事業パフォーマンスと戦略的優位性を向上させるための独創的なアイデアを刺激することを目的に作られています。つまり、リーダーが、組織や組合員・契約者、およびサービスを提供するコミュニティのために、真の持続的な価値を生み出すのを手助けします。

大会での感動的なプレゼンテーション、刺激に満ちたパネルディスカッション、比類のないピアツーピアのネットワーキング機会を通じて、参加者は私たちの業界の未来を形作るトレンドについて明確な洞察を得られます。さらに参加者は、協同組合/相互扶助の保険組織の仲間から共通の課題に対する実践的な解決策を学ぶとともに、ICMIFの多様なグローバルネットワークから参加する他のリーダーたちと信頼関係やつながりを築きます。

ICMIF隔年大会 2024は、2024年11月12日から15日までブエノスアイレス(アルゼンチン)で開催されます。ホスト団体は、ICMIF会員組織であるAACMS(アルゼンチン協同組合/相互扶助保険協会)およびADIRA(アルゼンチン共和国内陸部保険協会)が共同で務めます。

ブエノスアイレス大会では、協同組合/相互扶助の保険組織における次世代リーダーの育成支援を目的とした、第4回の ICMIFヤングリーダー・プログラム, も実施されます。

Buenos-Aires-2024-logo-white-background

ホスト団体:

パーパスに向けたコラボレーション:ピープル、
パフォーマンス、パートナーシップ

今年の大会のテーマは、「パーパスに向けたコラボレーション」です。これに基づき、ピープル、パフォーマンス、パートナーシップに関する優先すべき戦略的課題を取り上げます。最終的には、事業を変革し、レジリエンスが高くパーパス中心の未来に向けた効果的コラボレーションを促進できるように、リーダーたちを触発し、その一助となることを目指します。

各日とも以下の極めて重要な大会テーマの要素について掘り下げます。

  • ピープル:顧客中心の事業として、新たな問題に対応し競争力ある成長を推進するための人材とリーダーシップの重要性
  • パフォーマンス:パーパスおよびサステナビリティー目標と財務的成功との両立。新たなテクノロジートレンドの効果的な活用による、業務オペレーションの効率化と優位性向上の実現
  • パートナーシップ:戦略的目標の達成と、私たちがサービスを提供するコミュニティのレジリエンス強化に向けた世界規模でのコラボレーション

大会の主なテーマは次のとおりです。

持続可能性を組み込んだ共有価値の創造

未来に適応するためのビジネス変革

より安全でレジリエンスの高い世界の構築

リーダーにとっての大会の参加意義

2022年のICMIFローマ大会への参加状況

0

名の協同組合/相互扶助組織および業界のリーダー

0

のICMIF会員組織

0

か国からの参加

0%

の参加者が経営幹部クラス*

* 全参加者の35%がCEOまたは組織トップ

ICMIF隔年大会 2024におけるスポンサーシップ

ICMIF隔年大会 2024におけるスポンサーシップの詳細は、
次期ICMIF事務局長の
リズ・グリーン(Liz Green)までお問い合わせください。

協賛会員の皆様には、今後とも変わらぬご支援を賜りますようお願い申し上げます。

上部へスクロール